75エルカミーの修理デス

ドアウェザーストリップの交換とドアミラーのガタ締め付け、ウィンドウレギュレーターの点検をします

先日、ルーフ側のウェザーストリップを交換しましたが、今回はドア側のウェザーストリップの交換をします。早速ドアパネルを外そうとしたらエルカミーノは上下分割式でした。コストがかかっておりますね。しかも、樹脂パネル。同年式の330も一部樹脂パネルでしたが、取り付けボルト穴周辺はクラックがたくさん入っていて劣化が進んでおりました。今後、このクルマはどうなっていくのでしょうかねーDSCN7825

75のドアパネル
73elcobob6ちなみにこちらは73年型のドアパネル
私は73のデザインの方が好みです。

DSCN7826
室内・外を仕切るシートが現れました。驚いたことに”紙”です!しかも状態が素晴らしい♪
DSCN7827
運転席側はドアミラーのリモートコントロールレバーがつながっております。

外そうとしましたがコントロールレバーのプラスチック製メッキ枠の裏にある突起を壊す気がしまして止めました。。あまり深追いして壊しても、部品がないので触らないほうが無難だと思います。DSCN7853

DSCN7828
取り付けのボルトが緩んでいてカタカタ動きます。
DSCN7829
このように3本のワイヤーを使ってミラー調整を行うのです。今考えると超アナログですが当時は室内から調整できるのってすごいことだったんですよ。

ミラー取り付けの締め付け
DSCN7831

DSCN7832
ウィンドウレギュレーターの点検を行います。動作は良好でガタもありません。ドアロックのリンクも点検しましたが動きもスムーズでチョット拍子抜けしちゃいますね (笑)しかし錆が無い。。DSCN7833
ドアウェザーの点検。見かけはイイんですがカチカチです。
DSCN7834
またまたどこかで見たような画像ですが場所が違いますよ。。ドアに貼ってあるデカールはOPタイヤの説明文です。
全然腐っていません。カサブタ一つなし!アメリカってすごいですよね~
DSCN7840
レールもローラーも綺麗!

ドアウェザー取り付けのリテーナーが何個もドアに残ったままです。劣化してカチカチで手でつまんでも外せません。
DSCN7846

こういうのを安易にニッパーとかで外そうとすると切った瞬間にドアに傷を付けます。場所はドア下なのでそこから錆が発生しやすい。タッチアップすれば違いますが、そもそも傷を付けなければいいのです。
DSCN7848
丁寧にそれ用の工具を使うと後悔しないです。僕はこういう作業には必ずマスキングテープで養生します。
DSCN7847

ドアのウェザーストリップです。ルーフ側と同メーカーなので安心しています。
DSCN7849
ドアウェザーのリテーナーも新品が同封されています。
DSCN7850
ドアウェザーは基本的にリテーナーで固定するだけですので簡単です。ドンドン元に戻していきます。
DSCN7857
DSCN7859
一回でまとめようと思いましたが、やはりボリュームがあるので反対側は次回に書きます。

-75エルカミーの修理デス