アメ車購入記録

個人売買歴25年の私が教える中古車を買う5つのテクニック

2016/07/03

遂にエルカミの購入資金確保したので、クルマの状態をチェックしに行ってきました!
奥さんを連れて75エルカミの現車確認にお店へ向かいましたよ。

個人売買歴25年を誇る私が、車を買うテクニックをお教えいたしましょう!

テクニックその1:一人でクルマを買いには行かない。必ず同行者を連れていこう

クルマのことは人並み以上に詳しいつもり。
でも、いざ、欲しいクルマが目の前に現れたら興奮してしまい、よく見ないで勢いで買ってしまう恐れがあります。

自分の場合は、そういう恐れがあるので、必ず誰かを連れて一緒に連れて行きます。つまり絶対一人ではいかないんです。
そして、現地で第三者の率直な意見を聞いてみる。

メリットとしては、
自分が気づかないところを指摘してくれることがけっこうある。
自分が買うわけではないので、案外いろいろ気づいてくれるもの。。。

自分が欲しくて、自分で決めて買ったはずなのに、「だまされた」とか「ぼったくられた」等お店を罵倒する輩がいるのはそのためですね。

数万程度の商品であれば、人生経験と思うこともできますが、100万単位の買い物は安易に結論を出してはいけません。自分の行動には責任を持ちたいものですね!

テクニックその2:電話やメール等で商談の段取りを決めながらお店の雰囲気を伺う

電話の言葉使いやメールの文章でお店の印象は分かるもの。
ちゃんとしているお店は親切丁寧なのは当たり前で、何時に、と時間を決めます。試乗可能かどうかは必ず聞きましょう。

「カモがネギしょって来る」っていうのに走れないクルマを勧めるなんてお店は必ずトラブります。走れない明確な理由を聞いてみましょう。

 

テクニックその3:入店前にお店をチェック!

どの業界でも同じだと思いますが、仕事ができる程、整理整頓が行き届いています。忙しくて掃除する暇なんか無いはずなのに綺麗です。綺麗だから仕事が丁寧、清潔、安心。
見た目はボロだけど程度はイイなんて信じてはいけません。気づいてないだけだと思います。

ボブコーポレーションワーゲン

エルカミがあるボブコーポレーション。創業30年は伊達ではないです。綺麗で好感持てました。

 

テクニックその4:目的の車の現況と店での扱いを確認!

新車のクルマを購入するのであれば最寄りのディーラーへ行ってショールームにあるクルマを目の前に商談をしますよね。
ところが、相手は何十年も前の外国製中古車です。しかも情報の少ない不人気車両。

圧倒的にお客が不利です。
「こういうクルマはこんなもんですよー」って言われたらそれまでです。
たいていこういう状況になりますが...自分の場合は”一般的な中古車”と思いながら現車を確認します。

古いクルマも最近のクルマもボロはボロです。ボロはいくら化粧しても中身はボロです。ただし、理想ばかり高くなってしまうといつまでも買えないので自分が出せる金額とクルマの状態を比べて妥協点を探しましょう。

クルマの状態を見極めつつ、クルマがお店でどういう扱いだったのかも推測します。わざわざ、遠方からクルマを見に来ているのに灰皿に吸い殻があったり、マットが汚かったり、タイヤが泥だらけ等...30分もあれば出来ることすら出来ないお店が信用できますか?

75エルカミーノ

私を出迎えてくれたエルカミ。ご覧のとおりピカピカです。
仮ナンバーもつけていて無言で試乗可能のサイン。後ろにあるクルマたちもみんなピカピカです。うちの奥さんも古いワーゲンに興味深々でしたwww

 

テクニックその5:最後にオーナーをチェック!

広告を見て店舗に足を運び、店をじっくり見て、車をじっくり見て...でも、最終的には人から買います。

目を見て話さない人から買いますか?
身なりが汚い人から買いますか?
すぐに商談に入る人から買いますか?

そんな人からは買わないですよね。
世間話をしながら、お互いの心境を述べて自然と商談に行きたいところです。

そして「家に戻ってよく考えて気に入ってもらえたら買ってください」って言わせたい。その場で即答はしない。古いクルマで変なクルマです。メリットデメリット多々あるはず。
その辺りをよく考えてマトリックスして結論を出す。これくらいよく検討して決めたクルマは後悔しないはずです。後悔しても悔いはないでしょう。

まとめ:さて、買うか買わないか!?

第一印象でこれは綺麗に間違いないと思ったエルカミ、思っていたより状態がよく驚きました。
じっくり検討したいと思います!!

75エルカミ

エルカミリアゲート

エルカミレザートップ

モンテカルロダッシュ

ベンコラ

エルカミ

 

-アメ車購入記録