イベント

ミチノクレトロカーズセッション VOL.41/2 その3 品評会

2018/02/11

年に一度の同窓会と品評会を兼ねるイベント

インターネット創世記にネット上で知り合った仲間たち。。
当時20代だった我々も気が付けば40代に突入!
約20年経った現在もやっていることは当時と変わらず。。。
そして最近は一年の成果をこのミチノクで披露することがお約束になりつつあります。

今回のプラモはハイレベルな戦いとなりました。
アメパトと言ったら仙台市民くんです。
作品にオーラが漂ってます。
近年、アメパトと4ドア化が彼のアイデンティティとして定着しつつありますね~
今回の目玉は映画「キャノンボール」のオープニングに出てくるトランザムのパトカー
年を重ねていくとプラモは上手いだけではダメなんです。製作者の個性が重要なんです。プラモ見て誰の作品なのかが分かる事。そして塗装の研ぎ出しです。画像編集が向上した現在ですが、画像と実物に差のない仕上げじゃないとガッカリ感は半端ないです。これは実車にも言えることだと思っています。
SHO318君のデコトラプラモ。
彼もまた強いこだわりの持ち主。
独特なシートキャリアと舟形バンパーの作り、そしてクルマ全体から漂う、、一癖ありそうなオーナー像が素晴らしいです。

彼のプラモはSNSで見たことはありましたが実物は初見。実物は画像よりも素晴らしかったです。思わず、「もっと撮影テクニックを磨きなさい!」と言ってしまいました。。。房総ダンプネタ最高だ。
ちからさんのミニカー。超、久しぶりにご本人とお会いしました。彼は私がHPを始めた頃(1998年かな?)似たような改造プラモのHPを運営していました(懐)今回、かなり悔しそうな表情を浮かべていたので次回は凄いの作って来そうで怖いですね~
ちなみに私は、、
新バニシングイン60 スピードトラップの珍しい方のポスター
ジャンクマンのハリッキーコレクションポスターを持ち込み。

今回の身内参加車両

FORSALE!

エアコン直したら売却を予定しております。

続く・・・

-イベント