75エルカミーの修理デス

シボレーエルカミーノ ヘッドライトの光軸調整用のリテーナーを入手しました。

ヘッドライトの向きや高さは法律で決められています。最近のクルマは手元のスイッチで任意の位置に調整できるようになりましたね。しかしこのおかげで何にも知らない輩が遠めに設定するようになり対向車に殺意を覚えることが多くなりました。パッシングしてもパッシングの意味すら分からない様子。。。なんでもそうですが便利になるとバ〇が増えますね~。
エルカミは、このリテーナーが劣化していて車両に引っ掛かるツバが割れてしまい固定することが出来なくなりました。
そこで、つばの所に極小のボルトを2本固定し外れないようにしていました。
今回入手したリテーナーセット。
新旧比較。白い方が新品です。
車両へ固定します。
裏側から。
調整ネジも新品です。
アメリカは日本とは反対の右側通行です。。
なので歩道も右側。
調整方向も反対です(日本は左側へ向ける)
テンションを掛けるリターンスプリングはそれぞれの反対側に有り。
左方向にはテンションを掛けずらい(向けづらい)です。
日が暮れるのを待って光軸調整開始。
シャッターの位置に合わせていつもの場所を狙ってグリグリ。。。

快晴の休日、外へクルマを出してみます

画像の雰囲気で分かると思いますが真夏の出来事です(笑)
久しぶりに自然光でエンジンルームを確認♪
テッカテカのピッカピカ~

-75エルカミーの修理デス