75エルカミーの修理デス

シボレーエルカミーノ 不人気年式のエンジンルームをディテールアップ大作戦 その8 ギヤカバーとウォーポン取り付け

エンジン前方の部品を装着していきます

まずはタイミングギヤカバーです。クランクシャフトとカムシャフトを同期させるタイミングチェーンを隠すカバーです。以前、柿色オレンジで塗装したので今回はクランクシールを装着して、エンジンへ取り付けます。
手が足りないのでハンマーを持った画像になっていますが、実際は先端を丸くしたタガネを介して叩いています。圧入ですので不用意に叩くとシールが凹んで変形してしまいますよ。
カバーの下部にはオイルパンのラバーシールがハマる溝があります。何度も書いておりますが、ここはボルトで固定されません。固定には細心の注意が必要です。
ん??無事にクランクシールを挿入後、マスキング???

クランクシールを装着後、タイミングプレート付近の塗装が甘い事に気が付きます。はっきり言って見えないので普通なら、そのままスルーするところですが、持ち主が作業しているのでとても気になるところ・・・

やはり後から後悔したくないので再塗装(笑)乾くまで中断です。こんな些細な事(でも重要です)立ち止まるので中々進まないんですよねー。。。
数日後、カバーを装着!別々に塗装したことをアピールするためにメッキのボルトで固定、液体ガスケットは敢えてをチョイス♪勿論、あいだにガスケットは入れていますが平面が出ているのか不安なので絶対に薄くボンドは塗った方がイイです。
黒い液状ガスケットが均一に若干はみ出るように調整するのが僕のコダワリです。昔々に先輩から教わった事を今も守っています。こういう小さい所にイチイチこだわるのが「男の美学」だと思いますねー
ウォーターポンプの取り付け部のマスキングを間違えていたので、あと塗りがばれないように丁寧に修正です。こういう所もきちんと公開します(笑)そう何でもかんでも上手くいく訳ないし。。。
シルバーとの境目も神経質にマスキングしました。

ウォーターポンプの取りつけ

あらかじめ塗装しておきましたので流れが切れることなく進めます。段取りは大事。
ポンプ装着!
バルカン砲のようないで立ちに興奮を覚えます。
ポンプ裏もひと手間掛けています。造形美♪
ポンプ取り付けの液状ガスケットもスリーボンドの黒、均一はみだし!プラモでいうスミ入れです(笑)こんなバカな事を考えながらエンジン作ってます。

-75エルカミーの修理デス